magchoの雑記

Chromeのティラノサウルスについて調べた

google chromeにはネットワークに問題があると恐竜のイラストが表示され、スペースや上下キーで操作できる障害物避けゲームができることは有名な話ですね。自分はこの無愛想なデザインの恐竜がかわいくて好きです。

さて、好きなものを身に付けたいという感情は自然の摂理ですが。この恐竜に関するグッズはgoogleのオンラインショップではTシャツしか販売していません、実店舗に置物はあるらしい。ストラップとかステッカーとかトートバックとかが欲しいんです。

ないなら作るしかないので、そもそも作って問題ないのかを考え、ライセンス周りを調べてみたかった所存です。

この恐竜はネットワークに問題がある時に加えて、chromeでchrome://dinoにアクセスすることで表示することができます。これを見る感じdinoと呼ばれているみたいですね。

ちなみにネットワークエラーの時には小さいdinoくんですがchrome://dinoで表示したdinoくんは画面幅一杯まで拡大され、大きいdinoくんに浸ることができます。

google Chromeについて

Chromeはgoogleが開発しているブラウザーであり、クローズドソースで開発しています。同じくgoogleが中心となって開発しているchromiumをベースにしています。OSSでない部分をgoogleが付け足したのがchromeのようです。次世代のEdgeと同じですね。

chromiumは大半がBSDライセンスですが、MITライセンスなどなど物によってライセンスが異なるmixed licenseだそうです。

さてここで問題のdinoくんですが、こちらはchromiumに搭載されているものであり、BSDライセンスが適用されています。著作権表示や許諾表示をすれば自由に個人利用、商業利用も可能ですね。やったね。

chromiumに内包されているdinoくんですがこれはOSSなので実装を覗くことができますね。それではdinoくんの中身を見てみましょう。

dinoくんの実装

chromiumはgithub上でミラーされたコードを見ることができます、それっぽいファイル名を探していたらdinoくんの実装部分を見つけました、Javascriptで実装されていますね。ここにもBSDライセンスであることが明記されています。

余談ですが、chrome10周年を記念してバースデーケーキと帽子のアイテムが追加されたことがありました。今は該当部分の実装は無くなっています。

ライセンス

ということでdinoくんはBSDライセンスということで大丈夫そうです。とりあえず自分用にdinoくんトートバックでも作ろうかな。

おまけ

この記事を書くためにdinoくんを眺めていたらdinoくんの描画のバグを見つけたのでchromium issueに投げてみました、このてのコミュニティーにissueを投げるのは初めてで投稿カテゴリーを間違えてポストしてしまいましたが管理されているgoogleの社員の方に半日ほどで修正していただき、それから24時間しない間にdinoを実装された方からコメントがつきました。

Chromiumというとても大きなプロジェクトで、優先度がかなり低いバグでも2日かからないくらいで修正に取りかかるのはすごいと思いました。さすがですね。

おしまい。